研修医へ贈る言葉(原永 修作)

第一内科 原永修作
平成17年9月6日

臨床研修必修化が始まりいろんな市中病院で初期研修が行われていますが、みなさんはこれから後期研修へと入ることとなります。 後期研修ということに関しては、以前からSystemの整っている沖縄県立中部病院のような一部の病院を除けば、各病院ともまだまだ手探りの状態であり研修医の皆さんも戸惑うこともあるでしょう。 当科では呼吸器、感染症、消化器と内科系でもメジャーの領域をそろえ、それぞれの分野において良い指導者に恵まれており、沖縄を始め県外でも活躍する多くの呼吸器科医、感染症科医、消化器科医を育ててきた環境を整えています。 「大学病院は難しい病気ばかりで・・・」とお思いの先生方もいるでしょう。 しかし、例えば私の担当する呼吸器・感染症領域では市中肺炎や喘息のようなcommon diseaseはもちろん、結核、肺癌、間質性肺炎、HIV感染に至るまで、あらゆる疾患の患者さんが入院し、しかも各疾患の治療経験の豊富な上級医がそろっていますので、standardかつ最新の医療を学びながら多くの症例経験ができるのが現状です。 また私たち呼吸器・感染症に携わる医師により呼吸器・感染症の診療に当たる上で重要な、 グラム染色や呼吸音の聴診、 X線やCT所見の読影などの内容に関して毎週レクチャーを行っており、必要な知識をしっかりおさえた上で診療に当たることができます。 また担当している症例に関連した文献を紹介する抄読会も毎週行っておりますので、最適な医療を患者さんに還元することもできることでしょう。

実際担当した症例においてはグループ内だけの検討にとどまらず、教授回診、退院報告会、症例検討会、また学会発表などを通じてpresentationしたり discussionしたりする能力も自然に身に付けることができます。 また、当科は連日多くの症例のコンサルトをうけており、Group内の患者にとどまらず、他科症例を上級医と共に回診し、 discussionの輪に入ることで総合的知識のみならず経験値も向上すること受け合いです。

後期研修のSystemということに関して現段階では指導体制は完全に整っているとはいえないところもありますが、今後更に充実され、皆さんが満足する環境を提供できるでしょう。 研修医の皆さん、 基礎的なことからより専門分野までを網羅できる当第一内科に来てみなさんの能力を更に高めてみませんか?

【Link】

サイト内検索

カレンダー

カレンダー
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

2018年12月

アクセスマップ

琉球大学医学部第一内科
〒903-0215 沖縄県西原町字上原207
TEL:098-895-1144
※患者様は御用の際は
琉大病院(098-895-3331)
へお問い合わせください。
FAX:098-895-1414