沖縄に研修医が集まる理由

ドクターズマガジン08年3月号より

沖縄に研修医が集まるのはなぜか

-理由の一端を見た「沖縄ハワイ医学交流プロジェクト」の4日間-

研修医の流出による医師不足が全国的に問題となっている中、東京都、神奈川県、京都府、福岡県などの「大都市圏」と並んで高い研修医マッチング率を出しつづけている沖縄県。同県のマッチング率は、「地方」に研修医が集まらない理由は場所のせいばかりではないことを示しているのではないだろうか。 2007年11月19日から22日までの4日間、Ryukyu Medical Interactive Collaboration (RyuMIC)、臨床研修病院群プロジェクト「群星沖縄」とアステラス製薬?の共催で「沖縄ハワイ医学交流プロジェクト」が実現した。講演者として招聘されたのは齋藤中哉氏(ハワイ大学医学教育フェローシップ国際版ディレクター)。この数日に沖縄へ研修医が集まる理由の一端を見ることができた。

つつきはPDFファイルで。

【Link】

サイト内検索

カレンダー

カレンダー
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

2018年12月

アクセスマップ

琉球大学医学部第一内科
〒903-0215 沖縄県西原町字上原207
TEL:098-895-1144
※患者様は御用の際は
琉大病院(098-895-3331)
へお問い合わせください。
FAX:098-895-1414