呼吸器グループについて

診療概要

第一内科の呼吸器グループでは肺癌、呼吸器感染症、間質性肺炎などのびまん性肺疾患、気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患といった気道疾患など、呼吸器疾患全般を診療しています。また感染症科と連携してHIV感染症の診療にも関わっており、最近ではCOVID-19の診療も担当しています。

肺癌:診断のための呼吸器内視鏡検査を積極的に行っています。進行肺癌に対してガイドラインに準拠した最先端の抗癌剤治療を行っています。また放射線科と連携し化学放射線療法や緩和照射を行う症例も多く受け入れています。

呼吸器感染症:当院は当科も含め様々な疾患で免疫抑制療法を行っている症例を多く診療しており、一般市中病院では見られない感染症を扱うことが多く、診断のため緊急呼吸器内視鏡で積極的に病原体診断を行っています。また、当院には空気感染隔離のための病室があり、肺結核の入院患者も診療しています。
当科の特色として、大学院(実験室)と連携しマルチプレックスPCRを使用した呼吸器感染症診断を積極的に臨床に応用しており、また外部施設における吸器ウイルスの集団感染の特定にも貢献しています。

びまん性肺疾患:鑑別となる疾患が非常に多いため、呼吸器内視鏡検査も診断のために積極的に施行しています。びまん性肺疾患に関連する膠原病についても他科と連携して診療を行っています。

気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患などの気道疾患についても診療していますが、一般市中病院よりは割合は少なくなっています。

呼吸器内視鏡検査:当院では超音波気管支内視鏡(EBUS)を導入しており、EBUSガイドシース法での経気管支生検や、超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)のために検査難易度の高い症例が集まります。CT画像から再構成して作成される仮想内視鏡も併用し、検査を行っています。また、気管支異物の除去やEWS挿入など特殊な検査も行っています。

月に2回、呼吸器外科、放射線科、病理部で合同のカンファレンスを行っています。病棟・外来に関わらず、治療に難渋する症例などをここで相談することができます。

診療実績(2020年度)

入院患者474人
悪性腫瘍 肺癌195人、胸腺癌1人、その他悪性腫瘍18人
びまん性肺疾患 間質性肺炎15人、膠原病関連間質性肺炎4人、過敏性肺臓炎2人、サルコイドーシス2人、グッドパスチャー病1人
アレルギー免疫 気管支喘息3人
気道出血 4人
気胸・胸水 6人
感染症 細菌性肺炎34人、肺膿瘍3人、膿胸2人、結核3人、非結核性抗酸菌症2人、真菌症2人、COVID-19 143人、HIV10人、敗血症6人、その他感染症8人
睡眠時無呼吸症候群
(検査入院)
1人
  その他9人
気管支鏡検査
総検査数188件(うち緊急検査19件)
BAL 36件
TBB/TBLB 23件
TBNA 20件

呼吸器グループメンバー

氏名 役職 学会資格

屋良 さとみ
医学教育企画室 准教授

総合内科専門医 
呼吸器専門医/指導医
認定産業医
原永 修作
総合臨床研修・教育センター 特命准教授
総合内科専門医 
呼吸器専門医/指導医
気管支鏡専門医/指導医
感染症専門医/指導医                      
宮城 一也
第一内科 講師
総合内科専門医
呼吸器専門医/指導医
気管支鏡専門医/指導医
がん治療認定医
古堅 誠
第一内科 講師
総合内科専門医
呼吸器専門医/指導医
がん治療認定医
金城 武士
第一内科 助教
内科認定医
呼吸器専門医/指導医
がん治療認定医
結核・抗酸菌症認定医
鍋谷 大二郎
第一内科 医員
総合内科専門医
呼吸器専門医
気管支鏡専門医
アレルギー専門医
感染症専門医
池宮城 七重
第一内科 医員
内科認定医
山城 朋子
第一内科 医員
内科認定医
兼久 梢
第一内科 医員
内科認定医
喜友名 朋
第一内科 医員
 
山入端 一貴
第一内科 医員
 
知花 凜
第一内科 医員
 

お問い合わせはこちら

Contact

お気軽にご相談ください。

患者様は琉大病院へお電話ください

098-895-3331

診療受付時間 / 平日午前8:30〜午前11:00

第一内科へのお問い合わせ・質問は

098-895-1144

受付時間 / 平日 9:30〜18:00(土日祝日除く)